« なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その6)――予防接種トンデモ論より引用―― | トップページ | なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その7)――「予報と予防接種概論」の感想から引用―― »

2012年2月 8日 (水)

インフルエンザにホメオパシーは有効です。

1918年のスペインかぜで、ホメオパシーが大活躍した記事に対して、アスピリンによって死亡率が高くなっただけで、インフルエンザに対するホメオパシーの有効性を示すものではないというご意見がありました(インフルエンザにおいてアスピリンの使用を否定するのでしょうか??)。
しかし、多くの医師がスペインかぜにおいてホメオパシーの著しい有効性を経験しているという事実を覆すことはできません。またプラセボ効果であれば、レメディーの種類によらず得られる効果は等しくなるはずです。しかし流行病において、どんなレメディーでも有効であるということはなく、流行病の特徴に合ったレメディーを与えないと著しい有効性は得られません。そういう意味において、ホメオパシーの効果はプラセボではないと確実に言うことができます。それはホメオパスにとって当たり前のことであり、だからレメディーの選択をするのです。

以下に、二重盲検法によってホメオパシーがインフルエンザに有効であることが証明された論文を紹介します。ホメオパシーの有効性を二重盲検法によって証明している論文はたくさんあります。

※ホメオパシーの有効性は科学的に明確に否定されていると言っている人がいますが、それは間違った情報ですのでご注意ください。

■Ferley JP, Zmirou D, D'Adhemar D, Balducci F. A Controlled Evaluation of a Homoeopathic Preparation in the Treatment of Influenza-like Syndrome..Br J Clin Pharmacol, 1989, Mar, 27, 3, 329-335. 487 people suffering from influenza were assigned to either Oscillococcinum (Anas barb.) 200CK or placebo, twice daily for 5 days. Significant results were achieved with the medicine over the placebo in all areas measured. This trial was repeated in 1998 (Papp R, Schuback G, Beck E, Burkard G, Bengel J, Lehrl S, Belon P. Oscillococcinum in Patients with Influenza-like Syndromes. British Homeopathic Journal, April 1998, 87, pp69-76) with 372 people with the same results.

■Tijdschrift Integrale Geneeskunde (Dutch) meaning Integrative Medicine Journal (English) Rottey EED, Verleye GB, Liagre RLP. The effect of a homeopathic preparation in the prevention of flu symptoms: a randomized double-blind trial in primary care practice. 1995; 11: 54-58

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright (C) 2012 Homoeopathic Publishing Corporation Ltd. All Rights Reserved.